• 製品情報

製品一覧:通信機器/無線機

セグメント
工業用ワイヤレス給電・信号伝送システム(リモートシステム)
株式会社ビー・アンド・プラス

工業用ワイヤレス給電・信号伝送システム(リモートシステム)

ワイヤレス給電は、空間を通じて電気を伝える事のできる今注目の技術で、送電部と受電部があり、 非金属(水、油、ガラス、樹脂、木材など)であれば、間に挟むことができます。 為、壁越しに給電を行う、水中へガラス越しに給電を行う、 真空度の高い密閉された容器内部へ給電を行うといったことが実現できます。 【ラインアップ】                                        ●リモートセンサシステム  回転テーブル(スリップリングの代わり)や治具交換のコネクタ脱着の代わりで使える  ワイヤレス給電・信号伝送                             ●リモートパワーサプライシステム  AGVへのワイヤレス充電システム(600W~2KW)まで可能  モーターやパワーモーラー等へのワイヤレス給電が可能。 ※リーンスタートアップをベースとし、お客様に短期間でワイヤレス給電の試作をご提供し、  初期段階からワイヤレス給電の機能確認や構造検討、  市場検討の足掛かりとなるようなスタートアップ時には是非ともお問い合わせください。

IOT接点入出力ユニット『IOT-22』
エクサイト株式会社

IOT接点入出力ユニット『IOT-22』

【4つのモードを搭載した接点変換装置】 (1)クラウド通報モード(クラウドサービス利用)※1  ・機器異常などの接点信号サーバーへ送信し、音声やメールでの通報を行います。  ・PCやスマートフォンなどから通報履歴の閲覧が可能。 (2)クラウド来客カウンターモード(クラウドサービス利用)※1  ・接点信号をサーバーへ送信し、クラウドサーバーで接点毎のカウントを集計します。  ・PCやスマートフォンなどから集計結果の閲覧が可能で、日次、月次、年次の集計帳票の作成が可能です。 (3)年間タイマーモード  ・接点を任意のスケジュールにより動作させます  ・曜日ごとに20パターン(動作)の登録が可能です。  ・最大50日の特定日(祝日など)が登録可能です。 (4)接点伝送モード  ・接点の入力信号をネットワークを介して、別の場所に設置された本装置に出力します。  ・遠隔地の機器のアラーム情報などの監視が可能になります。 ●電源は、専用アダプター、PoEハブ、直流電源装置(端子接続)のいずれかでの供給が可能です。 ※クラウドサーバーを利用する場合は、別途サーバー利用料が必要となります。 ※ポート番号が設定できるため、グローバルIPアドレスやDDNSでも利用が可能です。

「当社は、より良いサービス・利便性の向上を目的に、お取引先様の利用状況の分析と把握をするためCookieを利用します。
本ウェブサイトを利用することで、Cookieの使用に同意するものとします。当社個人情報ポリシー