• 製品情報

FAシステム事業 製品一覧:工場ソリューション(生産管理/業務改善)(48件)

セグメント
離散事象シミュレーションソフトウェア『FlexSim』
新明和ソフトテクノロジ株式会社

離散事象シミュレーションソフトウェア『FlexSim』

『FlexSim(フレックスシム)』は製造ラインや加工プロセス、物流倉庫、マテハン(マテリアルハンドリング)などのシミュレーションモデルを非常に軽量な3Dグラフィックで構築し、モノ・ヒトの流れを計算できるソフトウェアです。 機械や作業員の稼働率・作業負荷、作業時間など多岐にわたる情報について、グラフを使った一瞥表示も可能です。 これにより工場や倉庫のボトルネックを発見し、性能を最大化するために必要な比較データを瞬時に得ることができ、施設の最適化を支援します。 ●簡単で使いやすい  ・ドラッグ&ドロップやショートカットキーなどを用いて、シミュレーションモデルの構築が可能  ・外部ファイルの取り込みにより、オブジェクトの外観を変更できる ●データが軽く大規模なレイアウトでも計算ができる  ・規模が大きな工場や物流倉庫でも、瞬時に繰り返し計算が可能 ●結果をグラフ化し、分かりやすく表示  ・円グラフ、棒グラフ、ガントチャートなど、各種テンプレートを保有  ・シミュレーションの時系列に沿って、グラフを自動更新  ・一元表示で容易に比較できる ●ノンプログラミングでプロセスの編集ができる  ・プロセスフロー機能により、ピッキング順序や搬送経路、工作機械などのキャパシティを考慮した複雑なプロセスについても、プログラミングすることなく構築可能  ・スクリプトの直接編集が可能 ●最新のVR(Virtual Reality)技術に対応  ・Oculus Rift, HTC Vive といった一般的なVR ヘッドセットに対応

保全業務をオンラインで楽々運用管理『INTEGNANCE VR』
ブラウンリバース株式会社

保全業務をオンラインで楽々運用管理『INTEGNANCE VR』

自社のプラントや製造工場、インフラ設備などをバーチャル上にリアルタイムで現実世界と情報を共有することで(デジタルツイン技術)、コンピュータ上で収集した膨大なデータを元に、限りなく現実に近い物理的なシミュレーションが可能となり、自社製品の製造工程やサービスの在り方をより改善するうえで有効なツールです。これにより、保全業務における省人化・省力化を手助けします。また、INTEGNANCE VRの最大の特徴は「ファストデジタルツイン」。お客様のプラントや製造工場、インフラ設備を最短3日で仮想空間上に表現する圧倒的なスピード感を実現し、スマート保全の最初の一歩として最適です。例えば製造ラインの一部を変更する場合や現場の実長を計測せずに、事前にディスプレイ上のINTEGNANCE VR上でテスト運営することで、開発期間やコストの削減が見込めます。 ●仮想空間上にプラントや製造工場、インフラ設備等を構築する事で、オンラインで簡単に現場を確認でき、現場業務の改革をサポート ●「ファストデジタルツイン」。お客様の空間を最短3日で仮想空間上に表現する圧倒的なスピード ●空間シミュレーションで足場施工箇所の計画/共用や機器更新の資材搬入経路確認、錯綜工事確認に利用可能 ●現場の実長を計測せずにディスプレイ上で2点間の測量が可能 ●パノラマ写真上にコロージョンループや腐食/損傷の重点管理部をマッピング

手計量管理システム『TMS(HTS)』
ハカルプラス株式会社

手計量管理システム『TMS(HTS)』

手計量管理システムTMS(HTS)とは、手計量を行う現場での計量ミスを予防するため、コンピュータシステム化し、作業指示、計量作業、実績の記録、集計などを行うトレース管理システムです。 【TMS(HTS)が改善する3つのポイント】 ●原料間違いの防止 計量対象となる原料を、バーコードの読み込みによって照合することでTMSが正しい原料かどうかを判定し、正しければ計量値の指示画面を表示し、間違っていればエラー画面を表示してブザーを鳴らします。 これにより、原料間違いを未然に防げます。 ●計量ミスの防止 計量作業中の画面では、予め設定した計量値を基準に、「不足」「範囲内」「オーバー」のステータス別に色が変わるバーグラフが大きく表示されるため、計量時の微調整作業も楽になります。 また、「不足」「オーバー」時には次のステップへ進むことができず、無理に進もうとボタンを押してもブザーが鳴るため、計量ミスを防止し、原料廃棄ロスの削減にも繋がります。 ●作業記録のデータ化 これまで紙に手で書いてきた計量記録を、自動でデータとして記録します。 これにより計量実績、原料別実績、配合別実績などさまざまな角度でデータを確認・集計することができます。

稼動状況監視&加工実績収集/分析ソフトウェア『Facteye』
株式会社シーイーシー

稼動状況監視&加工実績収集/分析ソフトウェア『Facteye』

『Facteye(ファクティエ)』は、生産設備の詳細な稼動データを簡単に収集できるシステムです。 CNC、PLC、各種センサーやロボットなど、工場に導入されている設備機器にマルチベンダーで対応し、 ログやアラーム、 制御信号などの稼動実績情報を自動取得してデータベース化。 設備の稼動状況のリアルタイムな監視を実現し、 設備ごとの加工/停止時間やアラーム発生時の主軸負荷などを分析して問題の早期発見・復旧、 ひとつの製品が出来上がるまでの加工条件や稼動負荷データを分析することで、 効率的な予防保全へと結びつけ、設備稼動のQCD向上を強力にサポートします。 ●設備稼動状況のリアルタイムな監視で、問題発生時の早期対応が可能に  リアルタイムなリモート監視を実現できます。  遠隔地からでも各設備の稼動状況を工場全体/ライン単位/各設備ごとに一括監視できます。 ●「なぜ」が分かるデータを収集可能、品質劣化の真因分析を支援  外部センサーを介することなく、直接各NCコントローラーとつなげることで、より深く・詳細な稼動データを入手できます。  また外部センサーを介することで、環境データも収集可能になり、相関分析を行うことができます。  それにより、品質劣化の真因に近づきます。

CAD/CAMソフトウェア『MACsheetシリーズ』
株式会社キャドマック

CAD/CAMソフトウェア『MACsheetシリーズ』

Easyは展開図作成機能を強化した次世代のCAD/CAMパッケージソフトウェアです。 Easyで作成したモデルはもちろん、他CADモデルも簡単操作で展開図の作成が行え、 そのままCAMへデータを渡し加工条件を考慮した自動割付が行えます。 3面図の立体化と展開図作成をスピードアップ、 さらにはNCデータ作成までも容易にし、 だれにでも製品の形状認識ができることを目指した新しいタイプの CAD/CAM ソフトです。 ●2Dデータを活用して3Dモデリングを容易に  3DCADに慣れていなくても三面図などの2Dデータ(DXF/DWG)を  活用することでスムーズに立体形状を作成することができます。 ●初心者にも使いやすい展開図作成機能  曲げや突合せ箇所のわからない設計モデルでも展開図が作成できます!!  加工用に3Dモデルを作成しなおす必要がなく、設計モデルの角部に曲げ、  突合せの指示をするだけで単品/複数部品の展開図を作成できるので初心者でも効率よく作業が行えます。 ●CADからCAMへスムーズにデータを受け渡し  CADで展開図を作成したらダイレクトにCAMへ!!  自動割付では加工条件を考慮した割付を自動で行います。  様々なメーカーの加工機(レーザー/TPP/複合機)に対応しています。

「当社は、より良いサービス・利便性の向上を目的に、お取引先様の利用状況の分析と把握をするためCookieを利用します。
本ウェブサイトを利用することで、Cookieの使用に同意するものとします。個人情報の適正な取扱いに関する基本方針