排水濃縮装置

海水淡水化技術を応用した排水極限濃縮システム

排水濃縮装置

数多くの実績から得た海水淡水化技術を応用し、排水から安全に再利用可能な水を低コストで造水できる排水濃縮装置です。
当システムで、排水を濃縮水と清水に分けた後、濃縮水を60,000mg/L以上に濃縮可能で、清水(RO透過水)は中水として様々な用途に再利用できます。
その後の濃縮水は脱水・乾燥後に固形化して再度焼却可能な状態にでき、さらに排水中に含まれる貴金属も回収できるなど、環境にやさしい処理を可能としています。
廃棄処分量の減容化が可能で、大幅な排水経費削減が可能です。
カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、シリカ(SiO2)などのイオンが多く含まれている場合は、
濃縮に限界があります。コンピュータで解析し設計を行いますので、水質をお知らせください。

「当社は、より良いサービス・利便性の向上を目的に、お取引先様の利用状況の分析と把握をするためCookieを利用します。
本ウェブサイトを利用することで、Cookieの使用に同意するものとします。個人情報の適正な取扱いに関する基本方針