自動消火装置『イレイスチューブ』

電源不要・ボンベ不要・施工不要な自動消火装置

自動消火装置『イレイスチューブ』

イレイスチューブ(消火デバイス)は、データーセンターや工場の大空間に取り付ける消火システムではなく、電池ラックや配電盤や火災の発生リスクが高い危険な箇所を部分的に防護するための消火デバイスです。
1㎥以内の防護区画に設置し、火災や被害の拡大を防ぐ消火デバイスです。

●消火剤を充填するボンベが必要。
●消火デバイスを作動させるための電源が必要。
●チューブは可とう性があり、設置場所の形状を問いません。筺体内やアクセスしにくい場所にも設置が簡単。
●チューブの接続は電気融着(EF)継手を用い、チューブと溶融一体化接合する事で、メンテフリーを実現。
●チューブの作動温度は107℃~115℃(無炎)
●消火剤は人と環境に優しいNovec1230を使用

関連動画

「当社は、より良いサービス・利便性の向上を目的に、お取引先様の利用状況の分析と把握をするためCookieを利用します。
本ウェブサイトを利用することで、Cookieの使用に同意するものとします。個人情報の適正な取扱いに関する基本方針